個人でも出来る物流管理とアウトソーシング

物流アウトソーシングとは?

運送業を営んでいる人はある主固定のところに大量に商品を運ぶ事に徹底しています。ですのでBtoB向けの発送業務がメインとなっていますが、ことネット 通販の場合はBtoCという関係で、不特定多数の個人の家庭に届けなければならないので支店網が網の目のようになっていないとサービスとして成り立たない 業界です。代表的な会社と言えば佐川急便。青いラインの車ですが清潔感を表しているようです。

  1. 商品発送代行業者(人気)→ これは外部に委託して商品の発送を代行してもらう物流アウトソーシングと呼ばれる仕組みです。在庫管理ができない人向けの商品で、このような会社の場合は 佐川急便なんかと交渉して特別単価を出してもらっているので、自分で行うよりは実は大分1単価の発送代金は安くなっているはずです。
  2. ネット通販の発送代行→全国各地から商品を集めて倉庫保管している場合はそこから直接ユーザーに発送した方が時間とコストの両面から見ても効率的になります。他の商品の発送を行っている場合はセカンドビジネスとしてこの発送代行が今注目されています。

日本の発送はきめ細やかでしかも正確。商品が途中でなくなることがあまりないところが発展の決め手かもしれません。